2009年06月07日

オークション詐欺対策(メルマガ記事)

2008年5月29日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)

ヤフオクでは6/18に『オークション詐欺対策のお知らせ』が
UPされていました。


補欠落札者を狙った詐欺に対する対策のようですね。
詐欺内容としては、次点入札者に
「落札者がキャンセルしたので・・・。」

と、取引ナビからではなく、直接メールアドレスに取引をもちかける、というものです。


現在ヤフオクでは取引ナビでのやりとりとなっているので、
メールアドレスは公開されないはずですが、YahooIDをそのまま
メールアドレスにしている人というのは多いようです。
そういう人を狙っての詐欺で、割と有名な手口ではありますがそれでも被害にあう方はまだまだいるようです。


この詐欺対策は6/25から実施されるようですが、ようは入札者のIDが一部しか表示されなくなるそうです。
「oku****」というような感じで。。。


入札していない人は上記のような表示方法で、入札した人には「最高額入札者」と自分のIDのみ表示、出品者は従来どおり表示されるそうです。


これで多少は被害が防げるのかな?とも思いますが、一度入札をしてみれば「最高額入札者」のIDは手に入れる事が出来るので、万全!という訳ではないと思います。


実は私自身は出品者の立場だったのですが、人気の高額商品を出品した際に落札者の方に詐欺メールが届いた、という事がありました。


オークション終了後すぐに、私(出品者)になりすまして落札者に取引案内のメールが届いたのです。

やはり落札者がID+ヤフーアドレスだった為、直接メールが届いたようです。

幸い私も終了直後に取引ナビより連絡した事と、落札者の方が詐欺を疑ったので大事には至らなかったのですが、私の連絡が遅れていたら詐欺に気づかなかったかもしれません。
(詐欺メールには住所・氏名が一応記載されていましたので)


このように補欠落札者ではない落札者も詐欺の被害に遭う可能性がある事を考えるとID+ヤフーアドレスではヤフオク登録できないようにした方がよい気がしますね。


Yahoo!BBなどの加入時にIDがそのままヤフオクIDとなってしまうというのもいけないのでしょうが。。。。


その辺りの対策やもっとYahoo側からの注意が利用者に徹底されれば、詐欺被害も減っていくのかな、と思います。

書かれている文字が全てなので。。。(メルマガ記事)


2008年5月29日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


さて、ネットオークションの取引は文字だけのやりとりが主だと思います。
たまに電話で確認をされる方もいらっしゃるかも知れませんが
ほとんどは文字のやりとりだけで取引が終了していると思います。


でもどうしても文字だけで表現すると口で喋る時と違って、ほんの少しの
表現の仕方で好印象にも悪印象にもなったりします。


また、相手側の受け取り方で、同じ文面でも親しみを感じたり馴れ馴れしいと
感じたり。。。


あまり気にしすぎても仕方ありませんが、それでも気持ちよく取引を
終了できるようにほんの少しの気遣いは必要かな、と思います。


また、1つの取引によって
次につなげたい(リピーターの獲得など)と考えている人
落札商品以外の商品の買い付けをしたいと考えている人

は、さらに言葉に注意しながらメールを送るように心がけてみてください。


以前、落札者さんからこんなファーストメールを受け取った事がありました。

「初めまして○○(苗字)です。落札した商品(A)以外にAの関連商品を
出品する予定はありませんか?また、現在出品中の商品は入札が入っていない
ようなのでまとめて買ったら安くなりませんか?高ければ買うつもりは
ありませんが。」


と。落札した商品についてこちらから送った取引メールに対して
取引方法などの返信は全くなく、しかも苗字のみの連絡でした。


本当だったらAの関連商品もついでに買ってもらえるチャンスだし
まとめて購入してもらえるなら多少の値引きもいつもなら受けていましたが
丁重にお断りしました。心狭いですかね^^;。


その逆に相手の人柄が伺えるような素敵な文面で連絡をいただいた時などは
なにか関連商品のおまけや端数の値引きをしています。
文字だけのやり取りでも人と人との取引ですからね^^。


ちなみに私がついおまけや値引きなどをしてしまうキーワードは
「子どもの誕生日プレゼントに落札しました。」です(笑)
ラベル:ヤフオク

経験は大事。(メルマガ記事)

2008年5月16日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


私がネットオークションを始めた頃は「不要品を処分したい。」という事から
始めた人が多かったように思いますが、最近は最初から「稼ぎたい!」という
目的で始めようとする方も増えてきている気がします。

    
もちろんそれは悪い事ではありません。ただ、
「稼ぎたい」という気持ちばかりが焦ってしまって足踏み状態で
最初の一歩が踏み出せない場合もあるようです。


「稼ぎたい」気持ちばかりが強いと「損をしたくない」という気持ちも
大きくなって、思うように仕入れをする事が出来なくなります。


例えば、「どんな商品が売れますか?」と聞いて
「Aという商品が売れますよ。」と教えてもらったとします。


しかし、教えてもらった時点で「Aという商品は売れる」という事を
すでに多くの人が知っている可能性は高いです。
その場合、すでに入手困難になっていたり次々と出品する人が増えて
相場が落ちる事もよくあります。

「売れる商品を見つける力」もそうですが、
「入手困難な商品を見つける力」、「相場が落ちてきていても利益を出す力」
というのはやはり経験のよって得られるものだと思います。


ネットオークションを始める前にいろいろと情報を集める事も大切です。
でも1つの経験から多くの事が学べるのも事実です。


ネットオークションで利益をあげている人は失敗も含めてたくさんの経験を
積んでいるという事です。


「ネットオークションで稼ぎたい!」という人はどんどん出品して
経験を積んでいってください。
経験する事で自分なりの「稼ぐコツ」を見つける事が出来るはずですから。。。



但し、出品から始めるのも良いと思いますが、出品するにあたっての
必要最低限の知識はしっかりと調べてくださいね。
(取引の流れや梱包・送料・発送方法など。。。)
ラベル:ヤフオク

ネットショップの紹介(メルマガ記事)

2008年1月27日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


今日はネットショップHPの紹介を。。。

まずはバンダイ系のネットショップ
▽【魂ウェブ】
http://www.tamashii.jp/

バンダイが関係している作品でコレクター向け商品の紹介・販売など
をしているサイトで、このサイト限定商品などが販売される事も。


仮面ライダー系や超合金魂などの商品は人気でヤフオクなどでも
高値取引されています。


TOPページで大きく紹介されていますが、3月20日から4日間、
秋葉原で「魂ネイション2008」というイベントが開催されるそうです。


このイベント限定商品というのも数点あるそうで、サイトで紹介されている
「超合金魂 GX-01R+ マジンガーZ 超合金魂10周年記念バージョン」は
高値になるんじゃないかなー、という気がします。
「S.I.C.」シリーズも人気があるので、これもいいかも。


ただちょっと男性客が多そうなので女性は参加しにくいイベントかなぁ(笑)
入場料はかかりますが、こういう期間限定イベントは仕入れのチャンスです。


私は地方に住んでいるのでイベントには行けませんが、ネット販売される
限定品のチェックは続けていくつもりです^^。
メルマガが配信されていますので、興味のある方はメンバーになってみて
くださいね。(もちろん無料です♪)


もう1つメジャーな企業のネットショップをご紹介。
▽松竹グッズネット
http://shochiku-goods.net/index.html

映画を観に行った時によくグッズが売られていますよね?
そのグッズを主に販売しているのですが、こういうグッズって直接映画館に
行った時に購入するか、パンフレットの最後の方に紹介されているのを通販で
購入するか?のどちらかでしか購入できないイメージってありませんか?


さらに映画館によって販売しているグッズの種類は違いますし品切れの場合も。

私はハリー・ポッターシリーズが大好きで、原作を全て持っているのですが
映画グッズとしてこの原作本用のブックカバーが毎回販売されています。


このブックカバーを毎回購入しているのですが、私の行った映画館では売られて
いなかったので今回はこのサイトから購入。


配送料がかかってしまうので、定価より少し高くなってしまいましたが
ヤフオクで落札するよりかは安く手に入れる事ができました。


このブックカバーの存在を知らない人、私のように買いそびれてしまった人が
ヤフオクなどで結構落札しているんです。


後からこのブックカバーの存在を知った人は、

以前の作品のブックカバーはもう手に入らないからネットオクで高くても
手に入れるしかない。


と思いますよね。事実、私もそうして買いました^^;。


でも実は復刻版がしっかり販売されているんですよ。
例えばこれらの商品を多く仕入れて出品すれば利益は取れます。
(もちろん需要のある商品に限りますが)

これも家に居ながら仕入れ、の1つの例ですね。


今はネット販売している企業は多いです。
気になる商品・人気のある商品などはまずはネット検索してみてくださいね。
ラベル:ヤフオク

限定品じゃなくても。。。(メルマガ記事)

2007年10月18日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)



限定品は高値になりやすい、とメルマガでもよく話していますが
高値になりやすいけれど手に入りにくい場合も多いですよね。


そういう場合、誰でも手に入れるという事は難しいですが
限定品ではなくても定価以上になる商品も実は多く存在します。
というか、そういう商品の方が多いでしょうね。


どういった方法かというと

販売中止になる前に購入し、店頭(ネット)で販売されなくなってから
出品する。


です。
すごく大雑把な言い方ですが(笑)。
でも、ネットオークションの世界では、そういった手法で多く出品されている
方は多いです。


もちろん、どんな商品でも高値になるか、という訳ではありません。
いずれ高値になるだろう、と思われる商品が主になりますが。。。


ではどんな商品が?と悩む人もいるでしょうか?
あまり難しく考えないでくださいね^^。


このメルマガで紹介した事のある物(話)も多くはそういう商品ですし
検索をして『絶版』『廃盤』『レア』『稀少』などのタイトルが付いている
ものや高値になっている商品の商品説明欄を見るとどんな商品を仕入れれば
いいか?わかってくると思います。



最初は「本当に定価以上になるのか?」など不安もたくさんあり、
行動にうつすのに勇気が要るかも知れません。


また、いきなり高額な商品を仕入れて損失となると再チャレンジするのは
難しくなるかも知れません。


だから、不安な方は徹底的にリサーチして、その中で小額な商品から仕入れを
して経験を積んでいくといいと思います。


その方がコツも掴みやすく、失敗してもダメージは少ないですから。。。


最後まで書いて思いましたが、やはりネットオクで成功するには
まず「検索(リサーチ)」と「行動にうつす」というのが
本当大事ですね。

限定商品の話。(メルマガ記事)

2007年9月21日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)



さて皆さんは、『アニメイト』というお店をご存知ですか?

店名からなんとなくアニメ関係のお店?と想像できるかと思います。
アニメや人気作品(主にコミックス)のグッズ、DVD等の販売の
専門のお店です。


専門のお店なので、コミックス等の発売に際してオリジナルグッズの
特典などが付く事も多々あります。


私も存在は知っていたのですが、住んでいる地域に店舗がなかった事と
店舗のある地域に住むようになっても年齢的に行く機会のないお店かな、
と思っていました。


すご〜く若い頃には、好きな作品のグッズを購入するために
似たようなお店に通っていた事もあったんですけれどね(笑)


でも未だにマンガを買い集めたりしていて、好きな漫画家さんの作品が
秋からアニメ化される事を知りました。


アニメ化される記念として、特別にDVDが販売される事になって
好きな漫画家さんの作品だけに「きっとアニメも観るんだろうな〜。」
と興味を持ったのですが、そのDVDの販売はなんと『アニメイト限定販売』
だったんです。


そこでちょっとオク脳がピピっと働いて
「アニメ放送開始前に販売されるDVD」しかも「販売される場所が限られる」
という事はアニメ放送後に需要が高くなる?


という図式が。。。
DVD発売後にヤフオクで検索してみると、出品数は少ないながらも
落札相場は定価の2倍に!


アニメ放送が開始されたらもっと高値になる可能性も。。。。


ネット販売はされていないものか?とHPを見てみると、
ネット販売のコーナーはあるもののお目当ての商品はネット販売されていない
ようでした。


という事はさらに貴重な商品となるかも知れませんね。


しかし、ネット販売のコーナーを見てみると『アニメイト限定商品』が
かなりありました。


調べてみるとDVDのカテで高値取引されている作品の中にも
『アニメイト限定販売』のものもありましたよ。


アニメ関連に関わらず、限定商品というのはネットオクでは高値になりやすい
人気商品です。


店舗に行かなければ買えない限定品、ネットで購入できる限定品がありますが
大勢の人が知っている人気の限定商品より、限られた人にだけ需要のある
限定商品の方が入手しやすく高値になりやすい場合があります。


興味のない分野の限定商品を探すのは一見難しいかも知れませんが
例えば、検索機能を使って調べていけば、数多くの限定商品を見つける事が
でき、自分でも入手可能な物を見つけられると思います。


試しにいろいろ検索してみてくださいね。

PS3の話(メルマガ記事)

2008年4月07日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


帰省中の時の事ですが携帯に主人から「PS3の価格が上がってきている!」
というメールが入ってきました。


今年の1月にソニーがPS3の60GBと20GBの生産終了を発表し
このメルマガでも「60GBのPS3が高値になるかも。」と書きました。


生産終了発表後のヤフオクでも定価超えとなっていましたが
それでも成約手数料などを差し引くと、元手の割りに利益はちょっと薄い?
という感じで、その後は定価割れしないもののおまけ付での叩き売り出品が
増えていました。


発表直後に実は主人が自分用とは別に仕入れ用として1台購入していました。
なかなか値が上がっていかない状況で、保証期間が減っていく事に焦りを感じ
つつも高値の波は必ず来る!とチャンスを待っていました。


そしてチャンス到来!のようです。(笑)
主人は毎日のように「出品して!」と私をせっついています^^;。

▽現在の相場はこんな感じ。
http://tinyurl.com/5gclqg


市場では確実に60GBが減っていく中、今後もっと高値になっていく可能性
もありますが、主人は現状の相場で手をうつらしいです。


高額商品ですからね。
やっぱりいつまでも手元に置いておくのは不安なようです。


他の商品でも話題直後に高値に、一旦叩き売り後にまた高値になっていく物が
あります。


上記のような場合もある事を主人も私も知っていたので、定価割れの不安も
ありましたが、売却のタイミングを待つ事が出来たのだと思います。


もちろん、一時的な人気で落札相場が下がっていく商品も多くあります。
(以前、紹介した「まんがの達人」もそうですね。)


落札相場が定価以上になる商品には、話題の商品、稀少性のある商品など
それぞれに理由があります。


その部分を把握していくと売り時を見失わずに利益を出していけるのでは?
と思います。


PS3のような高額商品ではなかなか勝負しにくいかと思いますが
もっと安価で購入できて高値になる可能性のある商品も探せばたくさん
ありますので、自分に合った商品で挑戦してみてくださいね。
ラベル:ヤフオク

こんなせどりの仕方もある。(メルマガ記事)

2007年7月06日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


えーと、少し前のメルマガで『花ざかりの君たちへ』という少女コミックスが堀北真希さん&小栗旬さんで7月からドラマ化される、という話をしたのを覚えていらっしゃいますか?


あのメルマガを読んだ方はメルマガの内容から、紹介した時点でぴろすけもコミックスを購入した、というのを知っているかと思います。
(はっきり買った、という書き方はしていませんが^^;)


ドラマ化のニュースが各メディアで紹介された直後に古本屋で
全巻セット2500円で購入しました。
(こういう場合、個人の店の方が価格設定が甘いですね。。。)


私自身が小説・コミックスがすごく好きなので、
・ドラマ化で原作がちょっと気になる。
・読んだらオクに出しちゃおう。(買値からすると利益も出るかも・・・)

なんて考えで購入後、どのタイミングで出そうかな、とウォッチリストに
入れてチェック&実店舗(BOOKOFF系)での価格を調べていました。


ニュースが出た直後ぐらいからオクでの出品のタイトルには「ドラマ化」
や「小栗旬」などのキーワードを入れた出品が目立ち始め、落札相場も
ドラマスタートに向けて少しづつ上がっていきました。


そんな中でオクを検索していると「○○円で即決をお願いできませんか?」
という質問が多くあり、さらに調べてみると同じ作品ばかりを
落札している方が何人も居ました。


きっとその方たちはドラマ(アニメ)化が決定している作品が
放送開始前後からさらに需要が増え落札相場が高くなる事を
よく知っていたのでしょうね。


いくつもあるネットオークション(携帯オークションも)で、落札し転売する
という方法はご存知の方も多いでしょうが、正にその手法を使ったせどり
ですよね。(電脳せどりというのかな)


せどりというと、絶版品・廃盤品などのレア商品を探して転売する、という
イメージをお持ちの方も居ると思います。

でも、そういった商品を探すというのは誰でも出来るものではありません。
(電脳せどりで、というのも相場がずっと右肩上がりで上がっていく、という
商品を見分けるのも難しいでしょうし・・・)



しかし、今回のようなドラマ化や映画化で原作が脚光を浴びる、
というような場合では、誰でもせどりできるチャンスがあると思います。



しかもそれを同じオク上でせどりしてしまう事も出来る。。。


これなら子育て中で簡単に出歩けないママさんでも出来ますね^^。


せどりに限らず、いくつかのネットオクを使い分けて落札・出品が出来ればあまり時間をかけずに利益を出していけると思います。


少しづつ守備範囲を広げていってみてくださいね^^。

IDは守らなきゃ(メルマガ記事)

2007年6月30日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)



さて、今回はネットオークションで取得しているIDについて、です。

ID乗っ取り詐欺などが多発して、IDとパスワードの管理には気を遣って
いらっしゃる方も多いかと思います。


現在でもID乗っ取り詐欺の被害は出ているようですので
防止策はしっかりしてくださいね。


ネットオクを活用していらっしゃる人の中でパスワードを他人に教える、
なんて人は滅多に居ないと思います。


でもIDの方は・・・?


「ヤフオクでこんなものを落札したんだ。」
「ヤフオクに出品したらすごく高く売れてね・・・。」


なんて日常会話で話をしたりする人もいらっしゃいますよね。



まぁ、ネットオクって利用している人は年々増加しているけれど
自分の周囲ではやってない、そんな会話にならない、なんて場合も
多々ありますが^^;。



でもね、相手がたまたま同じようにネットオクをやっている人で
(実はそんなに仲良くなくてw)身近な他人のプライベートに
関心を持ちやすかったりしたら・・・・。


IDってちょっとしたヒントで簡単に探し当てる事が出来たりするんですよね。
それで

「これ、この前落札したやつだね^^。」
「この前出品していた○○、すごく人気があったね。どこで仕入れたの?」


なんて、出品・落札する度にいろいろ言ってきたり聞いてきたり・・・
という事態になる事もあるんです。


中にはそれぐらい別に気にしないよ、って人も居ると思う。

でも、あまり知られて欲しくない相手に知られてしまったが為に
コツコツと「非常によい」の評価を積み上げてきたIDを
捨てなければならなくなった方ってたくさん居るんです。



年月をかけて積み上げたIDを捨てて0からのスタートってきついですよね。
評価の少ない出品者を敬遠する人は多々いますしね。



「えー。そんな事でID捨てちゃうの?もったいない!」って思う人も
多いと思う。
でも、この先もずーっと出品・落札物をチェックされ続ける苦痛に比べたら・・・
私もきっと新しいIDでの再出発を選ぶと思う。


こんな事もあるから自分のIDはちゃんと守らなきゃ。
自分から話さなくても、

家族が職場で、友達に、何気なく話しちゃった。
部屋に遊びに来た友人が、親戚が勝手にPCをいじって見つかってしまった。


なんて事もあるみたい。
後者は本当に相手が非常識なんだけれど、世の中そういう人も居るんです^^;。


パスワードも大事だけれど、IDもすっごく大事。
皆さん、自分のIDはしっかり守ってくださいね。



あ、もちろん信頼できる相手同士なら問題はないと思いますよ。

◆梱包方法について(メルマガ記事)

2007年6月16日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)



さて、ここのところ書籍類を扱う事が以前よりも増えた私ですが
梱包の事で初心に戻ってちょっと気持ちを改めなければなぁ、という事例を。



ネットオークションを利用している人の間でよく話題にあがるものの中に
『梱包方法』があります。


扱う商品によって梱包の仕方がいろいろとあるのは、ネットオクを
利用している人はある程度理解されているかと思います。


一番単純な事でいうと、「壊れ物」かそうでないか、など。
それ以外は商品ごとによって、折れなどに気をつけないといけないものetc。



そこそこ経験を積んで、同じ商品のほかの出品者の商品説明などを参考にすると
一般的な梱包方法なども理解できるかと思います。


私が書籍類を発送する場合は、たいていは冊子小包かクロネコメール便です。

冊子小包の場合は、中身が冊子類とわかるように一部開封して発送するように
なっていますし、雑誌の付録などを除いて基本的に手紙などでも
一緒に同封するのはNGとなっています。


クロネコメール便はサイズ制に変更になってからは、重量が1kg以下さえ
気をつけていれば、後は厚さとの闘いのみです(笑)


以上のような理由もありますが、書籍類の発送方法としては一般的と思われる
水濡れ対策用として商品をビニール袋に入れてから紙封筒で発送、という方法
で発送していました。



この方法で苦情を言われた事はありませんし、
「水濡れ対策がしっかりされていて大変感謝しています!」というお言葉を
貰ったりもしていたので、この梱包方法で完璧よね!なんて思っている部分が
ありました^^;。


でも、先日ある掲示板で似たような話題があがっていて、それを読んでみると

・水濡れ対策はビニール袋1枚では不十分だと思っているので必ず2枚で
梱包している。

・書籍類の角がつぶれたりしないようにエアマットや厚紙補強などの
 対策も必ずしている。

というような梱包方法を実践している人も少なくありませんでした。



もちろんここまで必ずする必要はないと思います。
でも、少数ではあるかも知れないけれどこのような梱包方法を
望んでいる落札者も確実に居るという事ですよね。



確かにビニール袋1枚では完璧な水濡れ対策にはなっていないかも・・・。


そして、絶版や入手困難な書籍類だったならば、角のつぶれやキズ(打コン)
なども気になるでしょう。


ネットオークションでは自分の常識は必ずしも相手の常識とはいえない。


なんて言葉を聞いたりしますが、自分がこれで大丈夫だ!と思っている
梱包方法でも相手にとっては不十分と思われる事もある。


改めて感じた出来事でした。


それ以外にも梱包方法や発送の仕方って意外と気にされる方もいらっしゃいます。


銀行などに置いてある封筒がちょうど良いから利用する。
買い物の際に貰った紙袋を利用する。(エアマットやダンボール箱なども)


前者はあまり居ないかも知れませんが、後者は割りといるんじゃないかな。
でもそれにビックリして「こんな梱包ってあり?」って驚かれる落札者も
稀にいます。


だから、商品説明欄などに「梱包材料はリサイクル品を主に利用しています。」
と記載している方もいらっしゃいます。



ネットオークションの取引って慣れてしまえば、そんなに面倒に思わないと
思いますが、それでも相手の顔が見えない、いろいろな考えを持つ方の居る
取引です。



ちょっとした事でも行き違いからトラブルに発展するケースも少なくないので
皆さんもたまには自分のお取引をちょっと振り返ってみてくださいね。

チケット類の出品について。(メルマガ記事)

2007年5月05日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


今回はチケット類の出品について、です。(トラブル事例に近い、かな)

金券・チケット類は若干トラブル率が高いようですね。


ヤフオクの悪キャンペーン?で参加料なしで入札が出来るため、
昨年夏以降、悪質なイタズラ入札・落札が増えていますよね。


チケット関係はその被害を受けやすいカテゴリの部類に入ると思います。


よくある被害としては、期限付きのチケットを落札。
その後連絡ナシで期限ギリギリまで引っ張る、とか。
この場合、落札者都合で削除しても結局、次点の方との取引も間に合わず、
でチケット自体がムダになってしまう可能性大です。


また、チケット類に限らずではありますが、希望落札額を設定している場合は
特にこの手のイタズラをされやすいので要注意、です。


その他にも期限が迫っているので入金を待たずに発送、
その後、「チケットが届かない」「代金が入金されない」というような
トラブルに発展するケースも多いようです。


この場合は、落札者が詐欺目的で先発送をせかしてくるパターンと、
期限ギリギリの取引の為に配達日数(発送方法)の関係で
トラブルになるパターンがあります。


急遽予定が変更になり行けなくなった場合はある程度仕方のない事かも
知れませんが、なるべく期限付きのチケット類は余裕を持った出品が
やはり良いですよね。


また、最近増えてきているようなのですが、コンサート関係などでは
主催者側がヤフオクなどのネットオークションへの出品を禁止しているものが
増えてきているようです。


人気のチケットの大量入手で出品、でいろいろ問題にもなりましたし
高値になりやすいから、偽造チケットも出回って問題にもなった為に
主催者側も「ネットオークションへの出品を禁止」という措置を取らざるを
得ないんでしょうね。


その為、ヤフオクなどでも「出品削除」措置をとっているようです。
(違反申告する人も多いみたいですし)


「出品削除対象」についてはやはり見落としている人が多いようで
「出品削除」になって初めて知った!というパターンになるようです。
    

中には理由がわからず何度も挑戦してID停止となる場合も・・・。


コンサート系などの期限付きチケットは、「早く出品しないとチケット代が
ムダになる!」という思いもあって、特に見落としてしまいやすのかな。


チケット系は、落札額も高額になりやすいですし、期限の問題などもあります
から、やはり発送方法なども特に配慮した方が無難です。


出品者負担でもいいから、「配達記録付」「速達」などのサービスを
利用した方がトラブル防止に繋がります。


当たり前の事ではありますが、
・出品禁止対象かどうかの確認
・トラブル回避の商品説明の徹底(振込み期限など)
・    安全な発送方法の利用(もちろん水濡れ対策も)

などをキッチリやっておいた方が良いカテゴリです。


本当に稼ぎやすいカテゴリではあるけれど、扱いも難しいカテゴリでも
ありますよねぇ^^;。

気持ちの話。(メルマガ記事)

2007年3月02日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)



お小遣い稼ぎの為にやっているヤフオク。
落札から始めたヤフオクも現在は出品が9割の状況で
仕入れ商品の出品も増えています。

仕入れた商品が予想外の高値になった時なんてやっぱり嬉しい!
もっと頑張ろう!という気になりますね。


でもそうじゃなくても、落札者の方からの「ありがとう!」という
喜びに溢れたメールを商品到着後に貰うとやっぱりすごく嬉しくて
「喜んでもらえて良かった〜。」って満足感とともにやる気も倍増^^。


子ども向け商品を多く扱っているせいか
「子どももすごく喜んでいて。。。」

なんてメールに書いてあると子どもさんが喜んでいる姿を想像して
思わずニンマリしちゃったり。


こういう時にネットオークションをやっていて良かったなぁ〜って実感します。


ネットオクをやっているとたまに嫌な取引相手にあたっちゃって
「もうネットオークションはやめようかな。」

と思う事もあると思います。


確かにトラブった時は非常に精神的にもぐぐっと落ち込んで
次の取引をするのも怖くなってしまう、事もあるかも知れません。


でもその逆に出品者側・落札者側どちらの時でも
良い相手に恵まれて嬉しいお取引になる事もたくさんあります。


だから、運悪く嫌な取引相手にあたってしまった時は
「もうやめよう!」じゃなくて「ちょっと休もうかな。」で
休んでいる間に心に残っている嬉しい取引を思い出して充電して
また復活してくださいね^^。


例えば100のお取引の内のたった1つの嫌なお取引で
「ネットって怖い。」「ネットオクはやっぱり怖い」だなんて思って
やめてしまうのはもったいないです。


普通の生活をしていたって、嫌な出来事っていろいろとありますよね。
でもそれだけじゃないうれしい事もいっぱいある毎日。


ネットの中だって同じです。
ネットオークションはせっかく始めたお小遣い稼ぎの場です♪
たまにいやな事もあるけれど、嬉しい事もいっぱいある。
それがネットオークションです。


嫌なお取引は「こんな時もあるさ。」で割り切って次に進んじゃいましょう♪
(一休みするもよし、そのまま頑張るもよし)


あ、もちろんその嫌なお取引の場合の原因などははっきりとさせて
同じ事を繰り返さないように注意しましょうね。



今日はちょっぴり気持ちのお話をさせていただきました^^。
ラベル:ヤフオク 出品

2009年04月25日

ヤフオク『話題のキーワード』について

2007年2月08日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)


ヤフオクのトップ画面、各カテゴリでは「話題のキーワード」が
ピックアップされていますね。


「話題のキーワード」ですから、季節・イベント関連、話題の商品・ニュースなどがピックアップされています。


これらをチェックしているとある程度、ピックアップされるキーワードが予想できたりします。


例えば、昨年末に発売されたPS3やWiiなどのゲーム機は
発売される度にニュースとして取り上げられていますし、
品薄が続いているDS(Lite)などもクリスマス・正月シーズンなどで再び人気上昇される事がある程度予想できました。


そしてドラマや映画関連もキーワードになる事が多いですね。
ドラマや映画関連はキーワードとしてピックアップされなくても
原作が人気でファンの多い作品ですとTV化や映画化されると
新しいファンが出来てネットオークションでの需要が急激に高まります。


昨年で言うと「のだめカンタービレ」という人気コミックスが
TVドラマ化されコミックスの初回限定品や関連商品の相場が
さらに高くなりました。


年明けからは深夜枠ではありますがTVアニメ化されていますので
ネットオークションでの需要はまだまだ続いています。


人気コミックス・小説のTV(ドラマ・アニメ)化や映画化は
実は割りと早い段階から情報が出回っている事が多いです。

雑誌や本の帯などで「TVドラマ化!」「映画化!」なんていうの見た事ありますよね^^。


また、多くの人が集まる掲示板サイトなどでは、いち早く仕入れた情報を紹介している事が多いです。


掲示板サイトなどはそういう情報はもちろん、どのような物に人気があるのか?
なども知る事が出来るので、自分の興味の範囲外の情報にも
詳しくなったりしてなかなか便利ですよ^^。


少し前にキーワードになった「蟲師」というのも人気コミックスです。
これはかなり昔(数年前)に「王様のブランチ」で話題の人気コミックスで取り上げられた事もありますし確かコミックス関連の賞も受賞していると思います。


やはり人気があるから、昨年だったかな?深夜枠でアニメ化されました。

その時にもヤフオクで「話題のキーワード」にピックアップされました。

今回何故またキーワードで取り上げられたかというと、ご存知の方も多いかと思いますが、今回実写版で映画化されたんです。

主演はなんとオダギリジョーさん。


公開前から話題を呼んでいろいろなTV番組でも取り上げられていました。
それでめでたく「話題のキーワード」返り咲き。(笑)


人気作品というのはやはりTV化や映画化の要望や申し込みが
必ずありますからねぇ。


このようなTV化や映画化で「話題のキーワード」に上がる作品の場合
TV・映画化が決定してから実際に放送(公開)されるまでの時間が割りとあります。
だから、事前に仕入れ準備する事も可能になります。


「のだめ」のようにコミックス発売時に初回特典をつける作品もかなりありますから、それらの価値が高くなる事を見越して発売時に購入する方法やBOOK−OFFなどの中古本を扱うお店でなるべく安く買い集め、放送開始後に出品する、とか。


中古本でも放送を見て「原作を読んでみたい!」となる人は多いですから。


また「蟲師」映画化の場合、主演が「オダギリジョーさん」というポイントも高いですよね。
だから「オダギリジョーさん」関連の商品を出品してみる、という方法も。


隙間の需要を狙うなら誰もが買うような有名雑誌とかではなくて、
「オダギリジョーさんがモデルをしているセーターなどの編み物の本」とか「仮面ライダークウガ」時代のインタビュー雑誌や関連商品とかってファンの子にとってはお宝だったりするんじゃないかな。


案外、芸能関連雑誌以外にひょっこりインタビュー記事が載っていたりするものなので意外な物がお宝になったりします。


このように「話題のキーワード」にピックアップされるキーワードは
ある程度、事前に予想できるものも多いです。


予想が出来れば仕入れに走る!という事をしないで普通に購入できる物もありますので、どういう物を仕入れればいいのかな?という方は
「話題のキーワード」をチェックしながら考えてみてはいかが?

評価のつけ方について

2007年2月01日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)

よくネットオークションの掲示板で見かけるのが「評価のつけ方」についての(トラブル)相談スレです。


評価って当事者が感じた事をそのまま反映させるのが当たり前なんですけどね。
でも、ネットオークションでの評価のつけ方って甘いのが実情です。
(特にヤフオクの場合は)


「非常に良い」ばかりの優良出品者だったのに、取引してみたら
「なんだかなー」って対応だった、なんて事も多いようです。


それでまたそういう出品者に限って「非常によい」以外をつけると
「評価を変えろ〜!!」なんてメール攻撃にあった、という話もちらほら。


それじゃ評価をつける意味ないでしょ〜(><)って感じる事もあると思う。


「非常の良い」をつけがたい取引だった場合は本当にそう思う^^;。


でもそれがネットオークションで波風を立てないで無事に取引を終了させる方法でもあるんですよねぇ。(しみじみ・・・)


「非常によい」をつけるけれどせめてもの抵抗が
「ありがとうございました。」の簡単なコメントだったり。(笑)
私の場合はね^^。


でもそういうコメントを自分がもらうと「何か問題あった!?」なんて
悩む事も。(爆)


もちろん、これ以上被害者を増やさないように・・・、というような
取引内容だった場合はきっちり評価はつけますけれどね。


ただこういう場合じゃなくて、
「○○以内に連絡がなかったから。」
「いつもより取引に時間がかかった。振込みが遅かった。」

など自分の価値観(ルール)だけでいきなり評価をつけてしまった場合、トラブルに発展する事も少なくないです。


商品説明などで自分の取引方法についてきっちり記載してある。
それを了解した上で入札したんでしょ。
だからそれを守れなかったんだからこの評価をつけた私は悪くないはず。


このような考えの出品者さんも中にはいらっしゃいます。
悪くはないのかも、でもちょっと乱暴かなぁって部分もあります。(汗)


出品者はだいたい自分の生活の中で出来る範囲でネットオークションに
参加していらっしゃいます。

その中で自分にあった出品・取引スタイルがある訳で、必ずしも落札者様の都合を全て聞く事はできません。


だからその事を理解してもらう為に商品説明などに記載しています。
またトラブル防止策の為に記載している事項もあります。


それをきちんと読まなかった落札者に落ち度がある、確かにそうかも。


でももし理由があってすぐには連絡とれなかったのだとしたら?
連絡したのにメールが届かなかっただけだとしたら?


何かしらの言い分が落札者の方にもあるかも知れません。
また、自分の常識が相手の常識とは限りません。


例えば、
いつも2日以内に振込みをしてくれている人ばかりだったから
振込みに5日もかかるのは遅すぎる。

発送されたら2・3日で届くのに、1週間もかかるのは遅い!


ちょっといつもより取引に時間がかかるとヤキモキしますよねぇ。
でも、

「取引終了まで3日かかった。」それを「早い!」と思う人も「普通」と思う人も居ます。


振込みも「口座案内がきたらすぐに振り込まなきゃ。」と思う人も居れば「2・3日以内に振り込めばいいよね。」って思う人も居ます。


このようなちょっとした考え方の違いは、評価には反映しない人が
多いです。


だからそこはぐっと我慢しましょう。
これでトラブルになって評価が悪くなるのはもったいないですから。


もし、「全く連絡が来ない!」「商品に不具合があった!」などの場合はまずは取引ナビで、それでも連絡がないなら「連絡掲示板」や
「評価から連絡」をしてみてくださいね。


「評価から連絡」をする場合はいきなり「悪い」「非常に悪い」は避けて何回かの段階を踏んで最終的な評価をするようにしてくださいね。


これは下手に相手を刺激しない事と、評価に経緯が残るので第3者がどちらに非があるのかが理解できますから。


取引について感じた事をそのまま評価できないというのは、納得できない場合もあるかもしれないけれど、それも楽しんでネットオークション生活を続けていくのに必要な事でもあります。

評価をつける時はくれぐれも慎重に。。。


ちなみにアマゾンマーケットプレイスになると評価のつけ方が全く違います。

こちらは落札者優位というか評価のつけ方が非常に厳しいです。
そして評価をつけてくれる方もネットオークションに比べると多くは
ありません。


評価については各ネットオークションの特色によって違うようです。
それぞれの特色を理解して評価をするようにしてくださいね^^。

代引き発送について

2006年12月14日(メルマガ記事)

*メルマガ発行終了により過去記事をブログに移行中です。
(修正箇所あり)



人気商品であるゲーム機本体を出品した際に初めて代引きでの発送を経験しました。
代引きってすごーく手間!や難しいと思う気がしますが、実際行ってみると案外簡単です^^。


着払いで・・・と依頼されたのですが、代引きって送料着払いは無いのだそうです。

なので、代引き請求金額に送料分を含めて記入する形になります。
そして代引きに掛かる手数料なども落札者負担ならば

商品代金+送料+代引き手数料=合計金額

を記入する形になります。

代引き手数料は2種類の手数料からなっており、代引きにかかる手数料と代金を請求者に振込む際の手数料が必要になります。


こうやってズラズラと書いているとやっぱり「手間がかかる〜。難しい!」って思うかも知れませんね。(笑)


でも、郵便局に行って代引き用の伝票を貰い、ちょっと説明を受けて記入するだけ。

10分もあれば出来ちゃう作業なんですよ。
(私はぱるる振込みにしたので、口座番号の記入がありました。通帳がなかったら自宅に持ち帰りになるところでしたが)


この「代引き」という方法を、選択肢に入れると入札数・入札額UPを狙う手段として有効というのは有名な話です。


高額商品や詐欺などが多いとされる商品などで「代引き可」となっていると安心感もあるのかな。


話題商品カテゴリーではタイトルに「代引き可」としている出品者は多いです。
私が出品した「PS3」・「Wii」・「DS Lite」では特に多かったですね。


出品者としても
口座番号を教えなくても良い。
即発送できる。

から楽でよいのかも。


注意が必要なのは、相手が受け取り拒否をした場合です。
通常は欲しかった商品を落札したのだからそのような事はありえないのですが、イタズラ落札などの悪質な落札者の場合ですね。


なので、「評価が○○以上ある人」や「評価に悪いが無い人」と代引きを引き受けるのに条件をつけている出品者もいます。


落札者の立場で、代引きについて気をつけないといけないのは
「中身が入っていない」などの詐欺行為ですね。


ちなみに、代引き商品を受け取る前に中身を開封して確認してから受け取る、という方法は防衛策にはならないのだそうです。
(この場合、代金は支払わなければいけないそうです。)


郵便局HPとにらめっこして「この発送方法難しいかも?」と思うのは
海外発送などいろいろあるかもしれません。


でも実際に郵便局に行って局員に聞きながら手続きをしてみると案外簡単に出来ます。

局員も仕事ですから、丁寧に教えてくれますしね。
中には無愛想な人も居ますが、それは相手の落ち度だと余り気にしないで!(笑)
(発送前にHPなどでどんな手続きをするのか調べる事は必要だと思いますが。。。)


そうやって「手間がかかる!難しい!」と思うような発送方法もやってみれば意外と簡単で、しかもその発送方法を選択肢に入れる事で入札&入札額がUPするなら出品者にとってもメリットはたくさんあります。


そして難しいと思って敬遠していたものをやってみる事で、
新たにこれに挑戦してみよう!という次のチェレンジ精神も生まれてきます。


それはただ単に発送方法の新規開拓だけではなく、ネットオークションを続けていく上で役立つ事だと思います。