2009年07月17日

重さ4kgまで一律350円(郵便局)

郵便事業会社(日本郵便)は17日、350円の専用封筒を購入すれば、全国どこでも重さ4キロまでの郵便物を送ることができるサービスを来年4月から開始すると発表した。

 信書の同封も可能。
500円の専用封筒なら対面配達となり、受け取ったかどうかの確認もできる。(時事通信)



▽ネタ元
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/japanpost/?1247828162

Yahoo JAPANのニュースで出ていました^^。

このサービスはオークションユーザーにとっては嬉しいサービスですね。

記事の内容からすると配達記録なしのポストインタイプって事ですかね?(ポスパケットみたいな。。。)

でも、そうなるとポスパケットのサービスはなくなりそうだし
定形外郵便の送料体系も変更になるってことかな。

500g以下送料が390円だからどう考えたってこのサービスの方が
お得だし、原則手渡しならエクスパックは不要になりそうだし
今後の情報に注目ってところでしょーか。

というか専用の封筒ってどの程度の大きさなんでしょうね?
エクスパックぐらいだったら、4kg近くの重さの商品と言っても
入れられる物って限られそうだし、信書が同封できる、っていうのがウリなんですかね?



ブックオフオンライン
posted by ぴろすけ at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

EMS(国際郵便)発送について

GW中は来客があって出品は出来なかったけれど、
「すぐには落札されないかな?」という回転寿司コースの商品を
まとめて出品していました。
(GW終了間近に終了日を設定して)


そしたら何回も再出品になっていた商品も意外と入札・落札されて
「大型連休中は落札のチャンス!」という波に乗っかったのかしら?
と、ちょっと嬉しかったり♪


今日は別件でEMS(国際郵便)を発送してきました。
なんかいろいろと記入しなければいけない欄があって
「私に出来るんだろうか?」と心配になったけれど
無事発送できました!

伝票を貰った際に窓口のお姉さんにわからない所はしっかり聞いて
家に帰って、郵便HPの伝票記入欄を確認しつつ、わからない英単語も
検索で拾って、窓口に持って行ったら一発OK。

▽EMS伝票記入例(郵便HP)
http://www.post.japanpost.jp/int/use/writing/ems.html

やっぱり恥ずかしがらずにしっかり聞く事は大事ですねぇ。
そしてチャレンジする事も大事だなぁ、と改めて思いました。


今までSAL便での発送はやっていたんですが
なんとなーくEMSってややこしい?(難しい?)とか
敬遠していたんです。
(落札者で指定してくる人も居なかったし。)


やってみると宛名なんかは連絡くれたアドレスをそのまま記入すればいいだけだし、発送する品の英語表記もちょっと調べれば判るし
(オクやeBayの商品を送る場合は品数(種類)はそんなに多くないだろうし)あとは数量と重量、金額を記載すればOK。


本当、やってみると意外と簡単だったりするんですよねぇ。

eBay出品もきっと同じなんでしょうね。
英語が出来ないから・・・と言って躊躇する人は多いけれど
(私もその内の一人ですが)eBayは基本的にはメールでのやり取りは無いらしいので、実際はそんなに英語力が無くてもやっているけるとか。。。


私の扱っている商品ってどうやらeBayに出品した方が利益が出る物も多いみたいなので、今年は頑張ってeBayデビューをする予定です^^。




posted by ぴろすけ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

第3種郵便物




【 第3種郵便物の発送方法 】


第3種郵便とは雑誌の発送方法で利用される発送方法です。

第3種郵便物」に該当する雑誌は
「承認を受けた定期刊行物」となっています。

定期刊行物というのは月刊誌で承認を受けているかは雑誌の表紙(例えば右上)や背表紙部分に小さく「第3種郵便物認可」と記載されていれば発送可能です。

料金は50gまで60円で、以後1kgまで50gまでごとに+8円が加算されていきます。

そういうと送料を計算するのがややこしいと思うかもしれません。

でも大丈夫です^^。

↓ こちらで郵便料金の計算をしてくれます。


例えば雑誌の重量が460gだった場合は、
1.基本条件部分の重さを500gにします。
 (450g以上500gまでという事です。)

2.1冊で配達記録などを付けない場合はそのまま「第3種を計算」をクリックすると送料が表示されます。
(第三種郵便物では・・・132円です)


発送の仕方は、冊子小包と似ています。

中身が「第三種郵便物」である事が郵便局員にわかるように開封したまま持って行くか、小窓などを作って「第三種郵便物認可」という文字が見えるようにします。

そして「第三種郵便物」とあて名面に記入をして発送します。

ポスト投函も可能でしょうが、50gごとに8円加算で10円未満の端数が出る事が多いですし、50gごとという非常に細かい送料設定なので、窓口発送が無難だと思います。


ちょっと面倒かも知れませんが、雑誌を発送する場合で「第三種郵便物認可」のある雑誌なら、冊子小包発送やメール便などより断然お得なので、落札者も同じ出品物の中から安い送料提示してある出品者に入札すると思います。

ちなみに460gでの他の発送方法の送料は
冊子小包     290円
クロネコメール便 210円

になります。

人気blogランキングへ←ポチポチっとお願いします^^。


トイザらス・オンラインショッピング



posted by ぴろすけ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

「冊子小包」発送について

シャディ Gift&Shopping


【 冊子小包での発送方法 】

【冊子小包対象物】

〜冊子小包郵便の対象となるのは冊子とした印刷物及び電磁的記録媒体〜
例)
☆書籍・雑誌
☆商品カタログ
☆会報
☆各種マニュアル類
☆カレンダー等
☆CDやDVD等

*手書きで書かれている冊子など印刷物でない物は対象となりません。

【サイズ】

たて+よこ;高さ=1.7m以内

重さ : 3kgまで

【発送方法】
☆あて先欄に「冊子小包」と明記。
☆差出しの際は、次のいずれかの方法により、内容品が確認できるようにする。
・封筒又は袋の納入口などの一部を開く。
・ 内容品の大部分を透視できるよう、包装の外部に無色透明の部分を設ける。
・ 内容品の見本を郵便局で提示する。

*中身が確認出来る様な梱包方法ならば、ポスト投函も可能です。

☆冊子小包は着払いが可能になっています。(送料に着払い料金20円が加算されます)


*普通郵便同様郵便事故や紛失の際の補償はありません。


********


私は窓口発送しかしていませんが、窓口で封をするのは面倒なので
あらかじめ封筒に窓を作って(透明テープ貼り付けして水濡れ対策をしています。)局員が確認できるようにして発送しています。

冊子小包郵便は書籍類・CD・DVD類を出品する場合は、定形外郵便と並んでよく利用される発送方法です。


人気blogランキングへ←ポチポチっとお願いします^^。


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
posted by ぴろすけ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

エクスパック(EXPACK)での発送。

今回はエクスパックの発送について説明します。

正式名称は「EXPACK(エクスパック)500」といい
定形小包郵便物になります。

その名の通り500円で専用封筒(厚紙仕様)が販売されています。

購入は郵便局と一部コンビニ及び切手類販売所で購入する事が出来ます。
コンビニでは店員が知らない場合もあるので郵便局の窓口で購入するのが無難ですね。

【特徴】

☆日本全国一律500円で送れる。
☆配達記録付き郵便と同じ扱い
☆翌日手渡し。(一部地域を除く。)
☆追跡サービスで配達状況を確認できる。
☆集荷サービスあり(ポスト投函も可)


【サイズ】

248mm×340mm
(A4のチラシが250枚程度入る大きさです。)

重さは30kgまで可能となっています。

私が発送した例で言うとDVD4枚は普通に入りましたし、中にはジーパンをエクスパックで送った!という人も居ます。

かなりパンパンになっても封が出来ればOKのようです。(重量30kg以下で)

【発送方法】

☆宛名面にあて先と送り主を記入。(シールなどの貼り付けも可)
☆送り主控えのシール(追跡用問い合わせ番号)部分を剥がして封をして発送。

*配達証が剥がれているものは不可となります。

【注意点】

国際郵便には使用できません。
郵便事故などの際に、商品の補償はついていません。


*************


感覚的に言うと定形外郵便+配達記録付きという感じのモノです。

配達記録付きにするには通常送料に+210円必要になります。

☆ちょっと高額落札になった場合で、普通の発送方法+配達記録をつけた金額よりもエクスパックで送る方が安い。
☆定形外郵便で言うと500g以上の重さでエクスパック封筒に入るような形状の商品。


などの場合に落札者が指定してくる事が多いです。

専用封筒は特に期限などもないので、1通ぐらい家に常備しておくと落札者様からの急な指定があっても買いにいく手間も省けていいですよ。

人気blogランキングへ←ポチポチっが励みになります^^。

ブックサービス


posted by ぴろすけ at 22:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

久しぶりに海外発送(SAL便)をしました^^。

ヤフオクでキャラクター商品の出品をすると、たまに「海外発送は可能ですか?」と質問が来ます。

英語でのやりとりができない為、説明欄には「海外発送はしません。」となっています。

それでも日本語のやりとりが可能な事、発送方法がSAL便(今のところこの発送方法しか理解していないので)な事、支払い方法が日本の未使用切手又は郵便書留などできちんと取引が出来る場合に限り、「海外発送」を受ける場合があります。

で、久しぶりに取引金額も高額ではない事もあって、上記内容を確認の上、海外発送を受けました^^。

通称「SAL便」は正式名称を「エコノミー航空(SAL)」といい
比較的安く発送できる「印刷物・小形包装物」と「特別郵袋印刷物」の2種類に分けられます。

↓料金表はこちら。
エコノミー航空(SAL)郵便料金表

だいたい依頼してくる海外の入札者の方は、送料の安い「印刷物・小形包装物」の方を指定してきます。

これは国内郵便でいうと「定形外郵便」のようなものです。

発送方法も通常の発送と同じように住所を記載し、切手を貼付して窓口で発送します。

違う点は発送物に「SAL便」の明記をするのと、窓口で内容証明のような紙に「中身」「送る物の金額」を書いて提出します。

紙は発送する時に窓口でもらえます。

但し、定形外郵便同様、補償はありません。

それでも落札者が承知の上で指定されていれば特にトラブルになる事もありませんし、梱包については「送料が上がっても厳重にした方がいいか?」確認しておけば特に問題ないと思います。


海外発送というと難しいような気がしますが、SAL便については比較的簡単なので、入札を増やしたい場合は海外発送も時には受けるのも良いと思います^^。


人気blogランキングへ←ポチっと押していただけると励みになります^^。


posted by ぴろすけ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

梱包で気をつけないといけない事。その3

梱包する時に気をつけないといけない事、これはもしかしたら一番大事な事かも知れません。
というか梱包の基本かな。

それは「何を使って梱包するか?」です。

通常、発送する時は封筒や紙袋なりビニール袋・ダンボール箱などに入れて
発送しますよね。


*稀に商品の外箱などに宛名をペタっで発送するツワモノがいるそうですが・・・。


その時に使用する封筒などは購入するか家にある物をリサイクルするかなどだと思います。

購入してきた封筒類だと特に問題は無いと思うのですが、リサイクルの場合は場合によっては嫌がる落札者様もいるそうです。


使用していないカレンダーを白紙部分を表にして封筒を手作りして発送。
銀行などに置いてある封筒を利用しての発送。
(↑これは切手払い時の落札者から届く場合もあり。by経験者)
ファーストフードなどの紙袋やショップの紙袋

など。

「そんな事しないよー。」ってものもあるかも知れませんが、例え未使用の紙袋などでも嫌な人はイヤ!だったりするそうです。

だからトラブルを避けたい慎重な出品者の方は「梱包でリユース品を利用する場合がございます。」と明記する人もいるそうです。


また、箱発送などの場合のクッション材も新聞紙や広告などを利用する場合もあるかと思いますが、「ゴミになる」やクッション材として使うのはちょっと、という落札者もいます。

私はゴミ処理の手間を考えて、新聞紙を使う旨の報告と合わせて「ゴミ処理の手間がかかりますがご了承ください。」と記載しています。


私はアバウトな方なので、落札側の立場の時は商品にダメージがない限りは「こういう人もいるのね。」で済ましていますが、やはり気になる落札者がいる事も事実なので、一言添えておくと印象が変わってくると思います。


ちなみに梱包材料として購入している物は
・テープ類(ガムテープ・透明テープ・セロテープ)
・のり
・封筒(数種類)
・エアマット(プチプチ)・・・商品についてきた綺麗な物は再利用しています。
・OPP袋(ビニール袋・100枚入り)

などです。

ちまちまと買っていると大変な気がしますが、必要経費と考えて足りない物は買うようにしています。

私は置くスペースが限られているのでまとめ買いはしませんが
ネットなどでお徳用の梱包資材も数多く販売されているそうです。

↓ここなんかもいろいろと取り扱っています。




人気blogランキングへ←よろしければポチっとお願いします^^。

posted by ぴろすけ at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

梱包で気をつけないといけない事。その2

落札された商品を梱包するときに気をつけないといけない事。

それは「匂い」です。

よく掲示板などで目にするのは、

・たばこの匂い
・防虫剤の匂い
・ペットの匂い

でしょうか。

たばこ・ペットに関しては日常的になっていると
匂いに気づかなくなるようですね。

ただ、たばこの場合は宅配業者が車内で日常的にたばこを吸って
いてその匂いが移るという事があるようですが・・・。


防虫剤に関しては、商品名は忘れましたがかなり強烈な匂いの
ものがあるそうです。

私も一度usedの衣類を落札した時に強烈な匂いがして
すぐには使えず、2・3回洗ってから使用した覚えがあります^^。

利用している側にとっては気にならない防虫剤の匂いでも
落札者にとっては「悪臭」となって、良い気持ちのしないものです。

もし気になる場合は、普段収納していた部屋とは別の場所で
匂いを確認してみたりすると良いかも知れませんね。


*************************

人気blogランキングへ←よろしければポチっとお願いします。

posted by ぴろすけ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梱包で気をつけないといけない事。その1

落札商品を発送する時に梱包で気をつけた方が良い事が

いくつかあります。

まずは商品にあった梱包をする事。


切手支払いの落札者様から切手が届いた時の事。

郵便受けから封筒を取り出してビックリ!

切手が思いっきり透けて見えてました。(額面がわかるほどに)

一応、水濡れ対策でビニールには入っていたけれど

「よく局員に何も言われなかったなー。」と思ったし

盗難などの怖れもあるよね、と思いました。


落札の立場などに立ってみると理解できるのですが

本が水濡れ対策なしで届いたり中身が透けて見えていたり。

こういうのを嫌う落札者は多々あります。


カード類などは折れの心配があるので、落札者に

補強が必要かの確認をする気遣いも必要です。

(他にもカードスリープに入れて保管とか)


プラスチック製など割れる可能性のある物は

エアマットなどに入れたりといくら保障が無いのを相手が

了承していても、送料の範囲内での商品が傷まない梱包を

心がける事は必要だと思います。


****************

人気blogランキングへ←よかったらポチっとお願いします。
posted by ぴろすけ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ミニレター(郵便書簡)の活用

ネットオークションを始めてからいろいろな発送方法を覚えていきました。

これはネットオークションを始めた利点でしょうね。

それ以前は何も考えずに雑誌を定形外郵便で送ったりしてましたから。たらーっ(汗)

今考えるとすっごい損してますよね〜。

雑誌を送るのに定形外郵便で390円もかかったのですが、本なら「冊子小包」で送れるし(この場合送料290円)、月刊誌だったから「第3種郵便」でも送れる。(500gだったとしても132円)

最大258円も損していたんですよね。
中身が冊子だってわかっていたらもしかしたら局員さんがアドバイスしてくれたかもしれないけれど・・・・。


出品時の質問などから「この発送で送れますか?」と聞かれる度に、ホームページで調べて自分で出来そうならOKしていくうちに今ではしっかり覚えました^^。

新しいサービスが始まったら対応できるようにしたり。

さて、タイトルのミニレター(郵便書簡)ですが、ホームページではあまり詳しくは書かれていない(書く事がないからなのかな?)せいか、この発送方法を意外に知らない方がいるんですよね。
(出品・落札ともに)


便箋と封筒が1つになったような物(発送時に糊付けし封筒の形にして送れる)で、郵便局で1枚60円で売っています。

ミニレターに薄い紙などを同封して送る事が出来て、重さは25gまで。
(それ以上超えると定形外郵便扱いになります。)


なので、写真やカード類などを送る事が出来ます。

私はバーコードや応募券・優待券などの出品時に「発送可」としていますが、落札者様が切手支払いの時に利用する人もいますね。


薄い紙類を送る時には安くて便利ですので、そのような出品をする方は発送で郵便局に行ったついでに買い置きをしておくと良いと思います。

ちなみにエクスパックも希望する方がたまに居るので、常時1枚は買い置きをしてありますし、ゆうパックや配達記録を希望される時に郵便局に行ってから記載をするのは子連れにはきついので、先に伝票だけ貰ってあります。


余談ですが、切手支払いを希望される方は切手が大量に余っている人が多いのか?普通郵便で送ってくる人が多いのも事実です。
(わざわざミニレターを買いに行くのも面倒だからかな?)
posted by ぴろすけ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

ゆうパックとYahoo!ゆうパック

「ゆうパック」がサイズ制に変更してかなりたちますが、変更後は
「Yahoo!ゆうパック(重量制)」を希望する落札者は多いですね。

どちらも発送可能にしているのですが、出品した物のほとんどが
「ゆうパック」よりも「Yahooゆうパック」で発送した方が
安い事が多いです。

重さがかなりあって小さいサイズの物って滅多にありませんものね。

「Yahooゆうパック」が導入された頃は
「コンビニでの操作が面倒!」「コンビニでの商品の扱いが心配」というような不満も聞かれたけれど

実際自分が発送するようになってみると「ファミポート」の操作も結構簡単で、先にネットで送料を払う事も出来るから便利だな〜と思います。

「ファミリーマート」のみの取り扱いも新しく「ローソン」が始まりましたし、「クロネコメール便」もファミリマートで発送できるようになったから
配送業者をハシゴする事も減りました。

また、ヤフオク以外での発送にも使えるのも嬉しいです。

「ゆうパック」との違いは
・配達日の指定が出来ない。
・郵便事故時の補償が実費
・自宅まで取りに来てくれない

ぐらいかな?

ゆうパックももう少し送料自体を値下げしてくれると引き取りサービスもあるから利用者が増えると思うのですけどね。
(ん?業者の配送利用は増えたらしいから個人の利用者拡大は考えてないのかな?)
posted by ぴろすけ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 発送方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。